東北全域を自社車両でカバーするネットワーク、共同配送サービスの二葉運送です!

二葉運送

メニューボタン

運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長は輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、全社員に対して輸送の安全の確保が最も重要であるという認識を徹底させ、自ら社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  2. 全社員が一丸となって運輸安全マネジメントを確実に実施し、業務を遂行することにより継続的に輸送の安全の向上を図ります。
  3. 輸送の安全に関する情報について積極的に公表し、更なる向上のために活用いたします。
  4.  

    二葉運送株式会社 取締役社長
    細川忠彦

平成31年度安全目標

  1. 重大事故件数    目標  ゼロ
  2. 交通労働災害事故  目標  ゼロ
  3. 飲酒運転撲滅    目標  ゼロ
  4. 第一当事者事故   目標  前年度対比15㌫減
  5. 全交通事故件数   目標  前年度対比10㌫減

達成状況

項目 平成28年 平成29年 平成30年 平成31年
目標 実績 目標 実績 目標 実績 目標 実績
重大事故件数 0 0 0 0 0 0 0  
交通労働災害事故 0 0 0 0 0 0 0  
酒気帯及び飲酒運転発覚 0 0 0 0 0 0 0  
自動車事故報告規則
第二条に規定する事故
8 9 8 8 7 6 6  
全交通事故件数 12 18 15 17 15 14 13  
自動車事故報告規則
第二条に規定する事故前年比
  100%   89%   75%    

自動車事故報告規則第二条に規定する事故は昨年より減少しましたが第二当事者事故が多発しました。
DR・デジタコ等の活用でドライバー教育に努めて重大事故0、件数で10パーセントの減少に努力します。

輸送の安全に関する重点施策

  1. 事業における安全確保が最も重要であることを認識し徹底を図り、関係法令等に定められた事項を遵守する。
    • 経営者並びに管理者は巡回などの機会を持ち、従業員に対して安全確保が最も重用である事を認識し、徹底を図る。
    • 職場において全従業員に対し、関係法令および管理規定の意図するところを理解させ、遵守するように教育する。
  2. 安全に関する費用・投資を効果的に行うよう努める。
    • 経営者は安全確保に必要な費用及び投資を社内安全衛生会議で検討し、決定して効果的に実施する。
  3. 安全に関する内部監査を行い、予防措置を講ずる。
    • 安全内部監査を、他拠点の安全管理者により年一回以上実施する
    • 安全管理者は拠点巡回・社内安全パトロールなどを実施して効果を上げる様努める。
  4. 安全に対する情報の連絡体制を確立して社内で必要な情報を伝達、共有する。
    • 発生した事故情報は、規定に基づき報告するとともに対応を図る。
    • 事故災害安全対策等、情報を全拠点で共有して安全構築に有効に活用する。
  5. 安全に関する教育・研修の計画を作成して確実に実施する。
    • 全拠点において効果的な教育研修計画を作成して実施する。
  6. 二葉運送全体の安全が向上する様に一丸となって安全確保に努める

乗務員指導教育年間計画表

2019年度乗務員指導教育年間計画表(PDF/79KB)

Adobe Readerをダウンロード

PDF形式ファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はバナーをクリックして最新のAdobeReader (無償) をダウンロードし、インストールしてください。